ベトナム・ホーチミン市で開催された国際ワークショップにて招待講演しました.

弊社取締役(海外担当)石塚が、2018年9月27日にベトナム・ホーチミン市で開催された国際ワークショップ(The 2nd International Workshop on MEMS and Sensor System, IWMS 2018。主催はSaigon Hi-Tech Park)で招待講演しました。
講演タイトルは“Sensors for Sustainable Infrastructures(持続するインフラのためのセンサーの役割)”。 インフラ維持管理におけるセンサーの重要性、応用例、特にBHM(Bridge Health Monitoring)について講演しました。そのなかで、日本で現在進行中のSIPインフラで実施されている技術開発、TTESのB-WIM、TWMなどのR&Dプロジェクトについて紹介しました。

上記、招待講演の他に、下記の場所で同様の講演を行いました。このうち、(1)及び(3)は土木学会国際センターのベトナムグループの技術セミナーとして開催されました。

(1) ホーチミン工科大学(Ho Chi Minh City University of Technology, HCMUT)
(2) 交通運輸大学(University of Transport and Communications, UTC, Hanoi)
(3) 国立建設大学(National University of Civil Engineering, NUCE, Hanoi)
(4) Hoa Phong E&C Investment and Development JSC. (HPEC, Hanoi)

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL