TWMシステム

TWMシステムは,簡易に「たわみ」を計測する技術サービスです.

TWMシステム

TWMシステムを用い,橋梁のたわみを簡易に精度よく算出します.

従来、「たわみ」の計測は、橋梁下が河川などの場合には、不動点を設定することが難しく計測が困難でした。提案する「TWMシステム」では、加速度を利用するため、計測点に装置を設置するだけで計測が可能です。また、技術者による設定・調整が必要な操作の完全自動化を実現したことから、誰でも実施可能であり、誰でも同じ結果を提供できます。

計測サービスとして、機器を都度レンタルして利用いただくことを考えています。

一般的な利用では、荷重車を用意して頂き(弊社による手配も可能)、荷重車通過時の「たわみ」を計測することで、「荷重」と「たわみ」をセットで管理します。2018年1月時点では、単純桁に限って完全自動化処理を実現しています。連続桁への適用は次年度を予定しています。荷重車が橋梁を通過するのに5秒以上を要する場合、幅員が支間長と比べて比較的広い場合などでは、適用に際し検討を要することもございますので、お気軽にご相談ください。


systemImage パンフレット


〈関連記事〉

静岡新聞(2018/2/17)

中日新聞(2018/2/24)

橋梁新聞(2018/3/1)


〈関連論文〉


加速度応答を用いた変位応答モニタリングに関する検討,
土木学会西部支部沖縄会,第6回技術研究発表会 pp88-89,2017/1


車輌通行に伴う加速度データを用いた橋梁の変位モニタリングに関する検討,
土木学会第72回年次学術講演会,I-350 pp699-700,2017/9

TWMシステムを用いた橋梁のたわみ計測,
土木学会西部支部沖縄会,第7回技術研究発表会 pp146-147,2018/1

Bridge Displacement Monitoring using Acceleration Measurement and Development of Efficient Bridge Management System,
IABSE symposium,2018/9(投稿中)