Infra Studio 

地図情報連携データクラウドサービス Infra Studio


主な特徴

  • 地図をベースにしたデータ管理により,いつどこで計測したデータかを,誰にも分かり易く表示できます.
  • データや画像,図面など,まとめてクラウドに保存できるため,ハードディスクやフォルダの管理などに悩まされません.
  • データを見るだけの人,変更する作業者の人,など,アクセス範囲の設定も簡単にできます.
  • GPS情報によるデータ自動登録,データのグラフ表示が可能で.ご要望によりお客様専用のカスタマイズにも対応できます.(※費用は別途ご相談になります。)


ご活用例

  • 様々な現場で計測したデータ整理
    計測現場を多数お持ちの利用者様にとっては,地図で全体俯瞰できますので,年度やご担当者様が変わっても,一貫した分かり易いデータ整理ができます.
    また,同じ現場で繰り返し計測した場合でも,データが一覧されますのでデータの整理が容易です.
  • 様々な場所に設置した計測機器からの自動保存
    様々な場所に計測機器を設置されている場合,計測機器のGPS情報から,自動で地図にデータを登録して保存することができます.
    当社機器ではすでに実施サービス例があり,データフォーマットをご提供いただくことで対応が可能です.(有償対応となります)
  • センサデータの共有,公開
    センサデータをクラウドに保存しますので,アカウントを作成いただくことで,必要な関係者に対してデータを共有し,利用いただくことが可能です.

<参考資料>
システム化による橋梁たわみ計測の効率化,土木学会第73回年次学術講演会,VI-466,2018/8

<関連サービス>
橋梁たわみ計測サービス


主な機能

Infra Studio では主に以下の3つの機能がご利用いただけます.

主な機能 内容
構造物情報の管理
  • 計測地点を地図に登録(google map により,分かり易いインターフェースで登録)
  • 登録した情報には,路線名称や経年数などの付属情報や,図面・写真などのファイル添付が可能
  • 登録地点は地図上にアイコンで表示され,登録内容を簡単に探すことが可能
  • 登録した構造物情報は,CSVファイルでインポート・エクスポートが可能
計測データの管理
  • 登録済みの構造物情報に対して,計測データを複数登録
  • 計測方法や計測時の天候など,付属情報を併せて登録
  • 登録したデータのダウンロード,アップロード

※ 以下はご利用の計測データを確認させていただき,有償のカスタマイズにてご対応いたします.

  • 計測データにGPS情報が含まれていれば,自動登録が可能
  • 計測データを登録する際に解析・分析等の処理を自動で実施することが可能
  • 計測データをグラフ表示することが可能
アカウントの管理
  • 計測データの閲覧のみ可能なアカウントを作成
  • 構造物情報と計測データの編集・閲覧のみ可能なアカウントを作成
  • 編集・閲覧できる構造物は,アカウント毎に個別に設定

 


ご利用について

こちらまでお問い合わせください.

データ容量やカスタマイズ対応などについてご確認させていただき,ご利用料金等をご説明させていただきます.