22

2015年7月22日(水)~7月24日(金),東京ビッグサイト国際展示場にて開催される「インフラ検査・維持管理展」に,出展します.

2015年7月22日(水)~7月24日(金),東京ビッグサイト国際展示場にて開催される「インフラ検査・維持管理展」に,出展します. 東京ゲートブリッジや,横浜ベイブリッジでの橋梁モニタリングシステムの事例を元に,  走行車両重量算出システム「W.I.M.システム」 について,展示します.

22

東海構造研究グループ(SGST) H27年度 第2回定期研究会 にて「モニタリングの現状と進展」と題して,弊社 代表取締役 菅沼 久忠 が登壇しました

東海構造研究グループ(SGST) H27年度 第2回定期研究会 にて「モニタリングの現状と進展」と題して,弊社 代表取締役 菅沼 久忠 が登壇しました.  日時:2015年6月18日(木)  会場:名城大学 研究棟Ⅱ 多目的室  主催:東海構造研究グループ(SGST)

27

第61回構造工学論文シンポジウムにて発表しました.

2015年4月27日 東京工業大学大岡山キャンパスで実施された構造工学論文シンポジウムにて,発表いたしました.  論文タイトル:跨座式モノレール軌道桁における横桁連結部の疲労き裂

23

ナノ・マイクロ ビジネス展/ROBOTECHで,パネルディスカッションに登壇しました

ナノ・マイクロ ビジネス展/ROBOTECHにおいて「トリリオンセンサーの応用例と今後の進展」と題するパネルディスカッションが開催され,弊社代表の菅沼が登壇しました.  日時:2015年4月23日(木)  会場:パシフィコ横浜 アネックスホール (F203)  主催:(一財)マイクロマシンセンター

26

「インフラ検査・維持管理展」,弊社ブースへのお立ち寄りありがとうございました.

2014年11月12日~14日にかけて,東京ビッグサイトにて開催された「インフラ検査・維持管理展」におきましては,多くの皆様に弊社ブースへお立ち寄りいただきまして,ありがとうございました. 当日は,以下の内容について展示を行いました. モニタリング支援サービス 走行車両重量分析サービス(W.I.M.) Wi-SUN計測システム 鋼床版の応急補強工法 橋梁検査用ロボット ご興味をお持ちの方は,お気軽にお問い合わせください.

06

東京都が募集しました「先進的防災技術実用化支援事業」に選定されました.

2014年11月4日株式会社TTESは,東京都が募集しました「先進的防災技術実用化支援事業」に選定されました.提案する新技術「走行車両重量算出システムの改良」と題して既存WIMシステムの広域展開に向けた機能拡張の実装を提案し,採択されました.簡易に精度良く走行車両の重量を算出できるシステムの機能を向上し,道路ネットワークを考慮した広域防災システムの実現を目指します.

06

2014年11月12日(水)~11月14日(金),東京ビッグサイト国際展示場にて開催される「インフラ検査・維持管理展」に,出展します.

2014年11月12日(水)~11月14日(金),東京ビッグサイト国際展示場にて開催される「インフラ検査・維持管理展」に,出展します. 東京ゲートブリッジや,横浜ベイブリッジでの橋梁モニタリングシステムの事例を元に,  走行車両重量算出システム「W.I.M.システム(旧名)」  鋼床版の応急補強工法「ダクタル補強(仮称)」  無線式加速度計測「Wi-SUN加速度計測(仮称)」 などについて,展示します.

06

執筆したBridge Engineering Handbook Second Editionが出版されました.

2014年1月に「Bridge Engineering Handbook Second Edition」が出版されました. 東京都市大学の三木教授とともに17章の執筆に携わりました. 鋼床版の損傷発見,原因究明,対策方法,実験による効果確認に至る過程を記載しています.  http://www.amazon.co.jp/Bridge-Engineering-Handbook-Volume-Edition/dp/1439852057

06

第4回土木学会西部支部沖縄会技術研究発表会にて発表と特別講演を行いました.

2014年琉球大学で実施された第4回土木学会西部支部沖縄会技術研究発表会にて,発表および特別講演を行いました.  論文タイトル:亜熱帯環境下における火力発電所揚炭桟橋鋼管構造の診断モニタリング手法の開発研究  講演名:最新技術で実現した揚炭桟橋の計測

26

第60回構造工学論文シンポジウムにて発表しました.

2014年4月26日 京都大学百周年時計台記念館で実施された構造工学論文シンポジウムにて,発表いたしました.  論文タイトル:UFC パネルを用いた腐食鋼部材の性能回復特性に関する研究