日本の橋を守る

日本の橋が今、危機を迎えていることをご存知ですか?

日本にある、約72万橋のうち、約6万橋は、早期措置、または緊急措置段階にあると報告があがっています。

措置が必要な橋の多くは、地方にあります。

しかし、地方自治体では、その危険な橋の1割程度しか、修繕できていません。

*国土交通省「道路メンテナンス年報 」より抜粋

橋の修繕には、莫大な費用がかかり、更に深刻な技術者不足のため、危険な橋を放置せざる得ない状況なのです。

ある日突然、橋が落ち、犠牲者が発生し、経済社会が大きな打撃を受ける…そのようなことを防ぐために!

Integral ACが開発されました。

Integral ACは、技術者不要のシンプルなたわみ計測器です。

加速度を用いて、計測点に装置を設置するだけで、誰でもカンタンに正確な計測が可能です。

取得したデータはクラウド上にビックデータとして収集されます。

このデータを活用することで、崩落の危険がある橋をいち早く検知し、限られた予算の中で最適なメンテナンスが可能になります。

橋の崩落による犠牲者、経済的損失を被る前に、従来の20分の1でメンテナンスが可能になった、Integral ACのご検討をオススメします。

Our Technology

測定時間を大幅に短縮

設置治具を利用してワンタッチ設置.
測定結果を自動保存・自動転送.

高精度計測

活荷重による「たわみ」を橋梁の振動まで含めて取得.理解しやすいミリメートル表示・高精度

作業者による誤差なし

設定不要で自動実行.

設置治具を利用した安定計測.

車両の入退出を自動認識.

簡単なデータ管理

GPS情報により対象橋梁と自動ヒモ付.

IoT端末化で簡単操作.

端末貸出で整備も簡単.

Measure Bridge Deformation
with a Simple Operation.